2016年1月14日木曜日

LED工作 「コンセントがスイッチ」

白熱電球の中に7色に光るLEDを入れて、
コンセントをスイッチ代わりに作ってみました。
電池ケースもスイッチ付きなので、2重のスイッチとなります。
「安心して下さい。」

コンセントを分解して電池ケース(乾電池2個直列 20Ωの抵抗付き)に接続しています。
(乾電池3個直列に20Ω程度の抵抗の方がいいかも知れません。)

差込みプラグをコンセントに抜き差しするとき、
結構 力が要るので、
軽く抜き差しできるように銅板を少し変形させました。

白熱電球の口金に穴を開けてLEDを接続します。

もう一方は差し込みプラグに接続します。

それぞれを、板に貼り付けたら完成!

単3乾電池2個で1~2週間は点灯し続けると思います。
電池が弱ってくると、青色は光らなくなってしまいます。
video
ビデオが表示できない場合はYoutubeでご覧ください。



(Flashで作成しているため、スマホや携帯で見れない場合があります。)



0 件のコメント:

コメントを投稿