2015年12月15日火曜日

LED工作「雪だるま」

前回の「虹の架け橋」に引き続き、
http://eneene7.blogspot.jp/2015/12/led.html
イルミネーションLEDを使って雪だるまを作ってみました。


ピンポン玉と小丸球をエポキシ系2液混合タイプの接着剤で接着します。


 ①が乾いてから、適当な大きさの板に①と同じ接着剤で固定します。


粘土などで目、鼻、口を作って、①と同じ接着剤で固定します。
ここではダイソーで販売されている樹脂粘土を使って作っています。


水槽で使用するエアチューブ(内径4mm、外径6mm)を約10cmの長さ分切り取り
片側にイルミネーションLEDを挿入し、足は少し切っておきます。
LEDを挿入した方から約7cmのところに針で2ヶ所穴をあけておきます。


雪だるまの首に巻いて、LEDの足を針で開けた穴に挿入します。


スイッチ、抵抗(20Ω)、LEDを乾電池3個用の電池ケースに接続します。
手作り電池ケースの作り方は、こちらをご覧ください。
http://eneene7.blogspot.jp/2015/12/blog-post_15.html


板の周囲に雪の代わりに綿を巻いてみました。

点灯するとこのような感じです。
video
ビデオが表示できない場合はYoutubeでご覧ください。

電源電圧4.52Vで実験した結果、
流れる電流は13~18mAでした。
赤・青・緑の「光の3原色」の単色のときは約13mA、
黄色、ピンクなど、混合色のときは約15mA
赤・青・緑の全色が点灯するときの白色は約18mAでした。


ペアで作ってみました。
女の子はピンポン玉2個を使用して、
頭にはティアラのようなものを乗せています。
なんだか鳥の巣の中にいるような感じになってしまいました・・・(^^;


この場合は51Ωの抵抗を入れました。
電流値は、2個分で 22~31mA でした。
video




(Flashで作成しているため、スマホや携帯で見れない場合があります。)



0 件のコメント:

コメントを投稿