2015年12月15日火曜日

LED工作 「虹の架け橋」

フルカラーLEDは赤・緑・青の3色のLEDが1つのパッケージにおさめられ
それぞれのLEDの明るさを変えることで さまざまな色を発光させることが出来ます。

4本の足が出ていて、マイコンで制御をして、
点灯パターンを変えることが出来るものや (左)
パッケージ内に回路が内蔵され、
自動的に色が変化するイルミネーションタイプのものが販売されています。(右)




(右)の方は足は2本で、電池のプラス極とマイナス極に接続するだけで色が変化しますが
それぞれのLEDで変化のパターンが決まっているので、
それを変えることは出来ませんが、
色んなパターンのフルカラーLEDを組み合わせることで
手軽に綺麗なイルミネーションを楽しむことが出来ます。


今回は点灯の変化のパターンが異なる4個のLEDを使って
「虹の架け橋」を作ってみました。


色が変化するLEDは
100円Shopで販売されている下の写真のようなものから取り出すことも可能ですし、


「イルミネーションフルカラーLED」で検索するとネット上で販売もされています。
http://akizukidenshi.com/catalog/c/ciled/
など

100円Shopで販売されているものから取り出したものはLEDの足が短くなるので、
ネット販売の方がやりやすいと思います。
また同じ点灯パターンのものより、違ったものを使った方が綺麗だと思います。

①厚紙を5cm×10cmの大きさに切って
ホログラムテープを貼ります。

②穴あけパンチ(穴径6mm)で8か所に穴を開けます。
土台用として角の4か所、チューブ用に中の4か所です。

③水槽で使用するエアチューブ(内径4mm、外径6mm)を
長さ10cmと13cmに切って、穴に差し込みます。

④裏側からチューブの先端にLEDを差し込みます。 
内径4mmに対して直径5mmのLEDを差し込むので少々きついですが、
しっかりLEDの根元まで差し込みます。

⑤チューブと厚紙は接着剤で固定しておきます。

 ⑥4個のLEDそれぞれの長い方の足には赤のリード線、
短い方の足には黒のリード線を接続します。
(赤、黒は目安ですので、違いがわかれば何色でもOKです。) 

 ⑦スイッチ、抵抗(20Ω)、LEDを乾電池3個用の電池ケースに接続します。
手作り電池ケースの作り方は、こちらをご覧ください。
http://eneene7.blogspot.jp/2015/12/blog-post_15.html

⑧ハンダ箇所はビニールテープを巻いて絶縁。
土台の足としてM6×20mmのボルトを挿入して、ナットで固定します。

⑨電池を入れたら完成です。

video
ビデオが表示できない場合はYoutubeでご覧ください。

電源電圧4.60Vで実験した結果、
4個のLEDの電流の合計は、約50~70mAでした。
(抵抗値20Ωの場合)

電流が変化する理由は、
赤・青・緑の「光の3原色」の単色のときは流れる電流が少なく
黄色、ピンクなど、混合色のときはやや多め、
赤・青・緑の全色が点灯するときの白色は多くの電流が流れるからです。


(Flashで作成しているため、スマホや携帯で見れない場合があります。)








2 件のコメント:

  1. さすが上橋さんです。本当に、懇切丁寧な解説、充分に視覚化されているので見ていて嬉しく、もの凄くエネルギーを費やしているかも感じます。(私などとろいので「あれだけの時間でこれだけ」感が付きまといます。楽しいのですが)。人間性を感じます。有り難うございました。各種取り外しスプリングを捨てられないでいます。

    返信削除
    返信
    1. 渡辺聰明さん
      いつも嬉しいコメントを下さってありがとうございます♪
      製品から取り出したものって、なかなか捨てられないですよね・・・
      私もスプリングやスイッチ、ネジ、ダイオード フレームなどなど
      部屋の中は部品だらけ(正確にはゴミだらけ)・・・(笑)
      なかなか捨てられない性格 (よく言えば物を大事にする性格!?) です。
      これからも宜しくお願いします。

      削除