2016年12月17日土曜日

箱庭イルミネーション

小さい頃、箱庭を作るのが大好きでした。
小さい箱の中に家を建てたり庭を作ったり・・・ワクワク感がありました。
大人になった今、箱庭で作ったような 我が家と庭の夢は叶わなかったけど
今回は当時の夢を想い出しながら、
木の箱にLEDをいっぱい詰めて
「箱庭イルミネーション」と名付けました。

ダイソーで購入した木製の箱(18cm×27cm)に詰め込むことにしました。
LEDは全部で53個使用しています。

箱の中には常時点灯型の青色LED13個を並列接続。
(青色のPPシートに穴を開け、LEDを差し込んで拡散キャップをかぶせています。)
箱のサイドはダイソーで購入した「デコレーションライト」点滅型の青色を
15個を並列接続にしています。
(箱にドリルで穴を開け、LEDを差し込んでいます。)

箱の上の半透明の板も、
ダイソーで購入した厚み1.2mmのPPシートです。

ツリーは3段にし、格段に、「デコレーションライト」点滅型の
赤・青・緑・黄を1個ずつ、
星には秋月で購入したイルミネーションLEDを1個入れています。
木の円錐形部分は、透明のクリアフォルダーの内側に
トレーシングペーパーを貼っています。
クリアフォルダーもトレーシングペーパーも樹に巻いた毛糸もダイソーです。(^^)v

「デコレーションライト」はそれぞれのLEDの点滅間隔が微妙に異なるので
赤・青・緑・黄 の光が混ざり合って、
様々な色を演出することが出来ます。

架け橋は水槽で使用するエアチューブの両端に、
点灯パターンの異なるLEDを差し込んでいます。
詳細はこちら↓をご参照ください。

雪だるまの首にも、エアチューブを巻いて、
両端にLEDを差し込んでいます。
男の子は青色LED、
女の子は4本足のフルカラーLEDの赤色と青色を使用してピンク色にしました。
男の子の頭には電球を使用、
胴体及び女の子はピンポン玉を使用しています。
ピンポン玉も電球もダイソーです。(^^)v

上の①~④のLEDは全て並列にしていますが、
それぞれ、LEDの順方向電圧及び個数と明るさに応じて抵抗を接続し、
5V電源に繋ぎました。
①常時点灯(13個)・・・75Ω、点滅(15個)・・・100Ω
②ツリー(12個) + 星(1個) ・・・ 20Ω
③架け橋(8個) ・・・ 20Ω
④雪だるま(4個) ・・・ 100Ω

①、②のLEDには 拡散キャップをかぶせています。

電源はUSBを使用しました。

スイッチはトグルスイッチにしました。

光るとこんな感じです♪


ぜひ動画でもご覧ください♪




これ以外の実験や工作も掲載していますので、
こちらも見てみて下さい。

(Flashで作成しているため、スマホや携帯で見れない場合があります。)

0 件のコメント:

コメントを投稿