2016年5月12日木曜日

振り子が回転

振り子がだんだん大きく揺れて、回転する装置を作りました。

揺れるので土台はシッカリした板を使用しました。
(厚み18mm×85mm×160mm)
柱の高さは約10cmで、上部にラグ端子をネジ留めしています。

回路は永久コマでも使用した 弛張型発振回路です。
プラスに繋ぐ抵抗は可変抵抗器(100kΩ)にしました。

コイルは0.35mmφのポリウレタン銅線をボビンに340回巻いています。
上の回路図の抵抗値、コンデンサ容量は
コイル0.35mm-340回巻きに適したものなので、
別の太さ・巻き数の場合は適する値が変わると思います。

 ④
③を①の板に貼ります。

<基本形の振り子>
145mm×35mm×9mmの板の下から75mmくらいのところに
ダイソーの魚串が通る穴をドリルで開けます。
板の下側に平板取付金具(55.5mm×9.5mm) 2枚をねじ止めし
ダイソーのネオジム磁石4個をくっつけます。
上部はバランス用のおもりとして、M7のナット2個を貼りました。

コイルに電流が流れた時に
コイルとネオジム磁石が引きあうようにしています。

可変抵抗器の抵抗値を下げていき、
ギリギリ発振するところ(約9.5kΩ) あたりがよく回ると思います。





ビデオに撮ってみました。


<ロボもどきの振り子>
板を回すより ちょっと何かの格好にした方が楽しいかな?
と思って、ロボ風?に作ってみました。
バランス用のおもりのM7ナットは目に使用。



電池を抜いて、
2V 1W のソーラーパネルと3300μFの電解コンデンサを並列に接続しても回ります。
(よく晴れた日限定で、それでも乾電池より 少し回り方は弱いです。)


(Flashで作成しているため、スマホや携帯で見れない場合があります。)






0 件のコメント:

コメントを投稿