2017年6月24日土曜日

リードスイッチモーター 光ルンです♪

前回作成したリードスイッチモーター ネオジム磁石編の
ローターにLEDを取り付けて、回転しながら光る装置を作ってみました。

ローターを光らせる方法としては、
ローターにボタン電池を取り付けて、
ボタン電池からLEDに給電させる方法も考えられますが
今回は相互誘導を利用して光らせています。

装置は前回と同様のもので
ローターにイルミネーションLEDを4個取りつけました。

単3アルカリ乾電池1個でも、光りながら回るのですが
2個にした方が光り方が良かったので2個にしました。
2個にするとリードスイッチモーターは勢いよく回り過ぎるので
抵抗4.7Ω入れています。

水色の輪が相互誘導の1次側のコイル、
ローターに付いているコイルが2次側のコイルです。

回路図です。
<1次側>
リードスイッチモーター回路と、相互誘導1次側回路を並列にしています。
1次回路の方はブロッキング発振回路になっていて、
高周波発振をしています。(数10~1000k㎐程度)
そのため、2次側コイルに誘導されやすく、
割と簡単な仕組みでも相互誘導が楽しめます。

<2次側>
2次側コイルにLEDを直結しても光るのですが、
高速でオンオフを繰り返す点滅のため、
連続した電流が必要なイルミネーションLEDは、
最初の1色しか光りません。
そのため、半波整流をしています。
半波整流にすると完全オフがなくなり
色の変化が見られますが、脈動により、
ローターを回転をさせると細かく点滅しているように見えます。





これ以外の実験や工作も掲載していますので、
こちらも見てみて下さい。

(Flashで作成しているため、スマホや携帯で見れない場合があります。)



4 件のコメント:

  1. どうやって回転するLEDに給電しているのかと思ったら,ブロッキング発振がミニトランスではなく自作円環コイルとは。1次コイルと2次コイルの配置,考えましたね。

    返信削除
    返信
    1. 熊谷さん、ありがとうございます♪
      この相互誘導の方法は、以前 野呂先生に教えてもらったのです。
      初めてこの方法を知った時は嬉しくって嬉しくって・・・本当に感動したのを覚えています。
      それまで、相互誘導と言えば、電磁調理器でしかやったことがなかったので・・・(笑)
      セロテープカッターを眺めてたら、ちょうどいい隙間があり、やってみました(^^)v

      削除
  2. 綺麗に光って回転しますね、素晴らしいです。
    相互誘導参考になりました、コイルも軽量で良いですね。私も機会が出来たら何かに応用させて頂きます。

    返信削除
    返信
    1. 啄童さん、ありがとうございます。
      この方式の相互誘導は手軽に出来て、本当にいいですね・・・
      ぜひ、啄童さんの作品、期待しています♪

      削除