2018年10月30日火曜日

単相誘導モーター(コンデンサ方式)

約10年前にもコンデンサ方式の単相誘導モーターを作成しました。
これが当時作成したものです。
ローターはアルミホイルを丸めて作成しました。

約10年前の作品の動画です。
取りあえず回るのですが、回転力が弱い上、
定格オーバーでトランスとコイルの発熱がひどく
長時間の駆動に耐えることが出来ませんでした。

いずれ修正しようと思い続けて約10年・・・
ようやく今回、トランス・コイルともに発熱が少なく、
1時間経過しても温度上昇は40℃前後まで!!
といった装置が完成しました。
ローターも変更し、勢いよく回ります。


使用した電源トランスはSP-1205
一次定格:100V (5060Hz)
二次定格:12V-10V-8V-6V(CT)-0.5A

コイルは 0.2mmのAIWを直径5cmに280回巻きにしたもの2組、
うち1組に100μFの無極性電解コンデンサを直列に接続しています。

ローターはブリキのミニ地球儀にしました。
中を開けると片方にネオジム磁石、もう片方にフェライト磁石がくっついていました。
この磁石を2つとも取り外し、南極あたりに穴を開け、
アルミ製のペンシルキャップの先端を差し込みました。

以前作成したアルミホイルを丸めたローターでもやってみたのですが
ピクッとする程度で、回るところまで至らず断念。
何かないかしら?・・・と家の中を見渡したところ、
冷蔵庫に貼っていたこの地球儀マグネットが目につき
これでやってみたところ、ビュンビュン回るようになりました。

コイルの中心に立てた銅釘に
アルミ製のペンシルキャップを差し込んでいます。


動画です。
撮影後、回転方向を逆にすればよかった!と反省・・・
また10年後をめどに改造予定 !?

スロー映像からみて、
1秒間に約16回転=約960rpmで回転していると推測しました。

<回転する理由>




4 件のコメント:

  1. いつも詳しい解説有難うございます。回転磁界、式、「アラゴの円板」方式納得です。回転方向を変えるのに、どちらかの巻き線への接続を逆にすることはダメでしょうか。
    勉強の材料を感謝です。畑じまいもあと少しです。

    返信削除
    返信
    1. 渡辺先生、コメントありがとうございます♪
      回転方向の変更は、巻き線への接続を逆にすればOKですね。
      直せばよかったのですが、映像を撮影してから気付いたので、横着しちゃいました(^^;
      青森はそろそろ雪の季節に入りそうですね。
      畑の方もそろそろですか・・・
      聰明先生にとって少し寂しい季節になりますね。

      削除
    2. 横着。私は頻繁ですが。
      昨日は雪でした、今日も雪は残っています。畑の方が無くなると寂しいのですが、2℃、3℃の世界はつらく、今日も休みです。明日で解決は無理なようでもう少し頑張るつもり。
      どうぞ、お身体大切に。

      削除
    3. もう翌日に残るほどの雪が降ったのですね。
      これから約4か月間は、寒さの厳しい日が続きそうですが、
      先生もお身体を大切に、頑張って下さいね。
      来年の春には右手ももう少し回復し、楽しい畑ライフを過ごされることをお祈りしています。

      削除