2020年8月31日月曜日

テオ・ヤンセン馬車

Facebookお友達の Lien Tedさん
今年の4月30日にアップされた作品を拝見してとても感動し
私も3Dプリンターを購入したら是非、真似して作ってみたいと思っていました。
Lien Tedさんの作品はこちらです。

Lien Tedさんも MakerMind.SGさんの作品を参考にされたようです。

脚のところはテオ・ヤンセン機構です。
「ホーリーナンバー」と呼ばれる黄金比を元に、
Fusion3603Dデーターを作成、
ソフト内のシュミレーションでもうまく動くように出来たので
実際に3Dプリンターで印刷し組み立ててみました。
何度も失敗しながらですが、なんとか完成しました。

こちらが3Dプリンターで印刷したものです。

①を1:48のTTモーターに取り付けていきます。

脚部のテオ・ヤンセン機構は
「ホーリーナンバー」と呼ばれる比率に従って作成しました。

反対側の足は180度ずらして取り付けます。

馬車の荷台をTTモーターにネジ留めしています。
(TTモーターの黄色プラスチックにネジ用の穴を開けました。)

⑤と同じサイズで下に車輪のシャフト穴を付けた板を
スペーサー経由で⑤に取り付けます。
さらにφ2mmのシャフトを通し、車輪を取り付けたところです。

モーター~電池ケース(単3アルカリ3本使用)~スイッチを繋いだら完成です。

MakerMind.SGさん、Lien Tedさんの素晴らしいアイデアに感謝しています。

~~~~~~~~~~~~~~~

私の3Dプリンターは光造形式で「水洗いレジン」を材料としているのですが、
印刷後、曲げると「しなる」ような感じがします。
上の⑦のような姿勢で2日間 置いたままにしていたら
脚の三角のところが曲がってしまいました。
(保管するときは寝かせないといけません)

また落下させたときに割れたところもあり、
やや強度不足のような気もします。
もう少し厚めに印刷するとか、
今後、色々と工夫をしていきたいと思います。



14 件のコメント:

  1. いやはや、驚くばかりです。
    Fusion設計と3D造形、ホントに1カ月前からなの?と疑ってしまうほどの完成度。
    やはり、感性が高いので完成度が高い(私としては、ダジャレで勝負しかない)ですね。
    一番の驚きは、「ホーリーナンバー」と呼ばれる比率に従って作成しました、という点。
    情報収集力、ホンマ、凄い方です。

    返信削除
    返信
    1. Hyodoさん
      嬉しいコメント下さって、ありがとうございます♪
      この1か月間はこれしかやっていないので・・・(^^;
      Lien Tedさんの作品を見たときは、「テオ・ヤンセン機構」と気づかず、作品を印刷して、それぞれの寸法を割り出していました(笑)
      それがある日、なぜか?ふと 「テオ・ヤンセン」を思い出し、ネットで調べて「ホーリーナンバー」と呼ばれる比率に行き当たり
      その通りでシュミレーションしてみるとバッチシ!
      こういうとき、「やったー!」って感じでめっちゃ嬉しいですよね。
      これがあるので、やっぱり工作はやめられません(^^)v

      削除
  2. 智恵さんから、目が離せなくなりました。Y(^-^)Y.

    返信削除
  3. 元の作品は、3Dプリンタではなく、プラスチックの板を加工しているように見えます。

    返信削除
    返信
    1. 元の作品はLien Tedさんの作品かしら?
      Lien TedさんもFusion360のアセンブリで動かす映像も公開されてるので
      やはり3Dプリンターで作られたのでしょうね・・・
      知らんけど← 関西人がよく口にする文句です(笑)

      削除
    2. ホンマやね。よう分からんけど。←今でも、大阪弁が消えない私。~(^0^ )~♪

      削除
  4. へええ。動画https://www.geogebra.org/m/tM4yFvDW も観たのですが、彼はこれを自分で見つけたのかなあ。

    返信削除
    返信
    1. これはわかりやすい動画ですね。
      ご紹介下さって、ありがとうございます♪

      削除
  5. chieさん あまり凄すぎてコメントをためらっていました。この動画をみて、以前映画か、テレビで見たことを思い出しました。人の動く速さとそう違わない巨大なリンク機構が風を受けて動いています。この装置を作るのに、上記の各部品寸法(回転軸間距離?)を打ち込むだけですか。部品実体に係わる数値はプログラム化されているのですか。モーターのトルク変化は動物の動きに似ているのだろうか、等々空想の世界にいます。

    返信削除
    返信
    1. 渡辺先生、コメント下さってありがとうございます。
      風を受けて横歩きする巨大なリンク機構、
      小さくなって「ミニビースト」という名前で学研の大人の科学から販売されています。
      このホーリーナンバーはよく考えられてますね。
      3DCADで作るときは、各部品寸法を打ち込むだけと言えば打ち込むだけですが(^^;、
      幅や厚みなどを考慮しながら立体を作っていくイメージでしょうか・・・
      モーターのトルク変化はよくわからないです。

      削除
    2. 幅や厚み、アイディアを形にする。ここが難しいところですね。材質による変形も、そして道具を使いこなすことも、全て勉強、研究だと思います。それを続けられるchieさんは素晴らしいです。車輪でないですが、滑らかに動いているように見えます。リンク機構なのに。それでモーターの駆動力の変化などを考えて見たのです。

      削除
    3. 渡辺先生、ありがとうございます。
      3Dプリンターに関して、全く初心者なので失敗も多々ありますが
      それだけにうまくいくと楽しい気分になります。
      この楽しさがあるので、益々研究したくもなりますね(^^)

      削除